デザイン崩れもエラーも怖くない。WordPressのテスト環境を作成するアプリ「MAMP」の導入方法

WordPressでデザインを変更したりする場合、本番のサイトで変更してしまうと崩れたレイアウトを訪問者に見せてしまったり、エラーになって表示できなくなってしまうことがあります。本番で失敗しないようにローカル環境でテストをできるようにしておきましょう。

sponsored link

ローカル環境とはなにか?

WordPressの動作テストをするには通常、ドメインの取得とサーバーのレンタルが必要です。なのでお金がかかりますし、FTPを使用する場面もあるので効率もよくありません。

ローカル環境を作っておけばサーバーではなくアプリケーション内でWordPressを動作させることができるので、ファイルのやりとりや変更がスムーズにできるようになります。タダですしね。

「MAMP」をインストールする

ローカル環境をMac内に作るには「MAMP」というアプリを使います。

ちなみにMAMPとは、Mac、Apache、MySQL、PHPの頭文字をとっています。すべてそろってますよ!ってことですね。

MAMPには無料版と有料版のMAMP PROがありますがインストールするのは無料版のMAMPでOKです。[Download]をクリックします。
MAMPをダウンロードします
ダウンロードをクリックします

ダウンロードしたpkgファイルをダブルクリックします。MAMPのインストーラが起動するので[続ける]をクリックしていけばOKです。
続けるをクリックする

インストールが完了すると[アプリケーション]にMAMPとMAMP PROのフォルダができているのでMAMPの中にあるMAMP.appを起動します。MAMP.appを起動します

MAMP PROを起動するか聞かれます。チェックを外してMAMPを起動します。
MAMPを起動します

データベースを作成する

MAMPを起動したら[サーバを起動]をクリックします。
サーバを起動します

スタートページが表示されます。
スタートページ

メニューバーにある[ツール]から[phpMyAdmin]を選択します。
phpMyAdminを選択します

メニューバーにある[データベース]をクリックします。
データベースを選択します

[データベースを作成する]に任意のファイル名を入力します。ここではlocal-wpとしておきます。
データベース名を入力します
[作成]をクリックします。

WordPressをインストールする

WordPressの公式サイトで日本語版のWordPressをダウンロードします。
WordPressをダウンロードします

MAMPの中に[htdocs]というフォルダがあるのでクリック、その中に先ほどダウンロードしたWordPressのzipファイルを移動させます。
WordPressファイルを移動させます

zipファイルは解凍します。ファイル名がそのあとのURLになるので分かりやすい名前に変えておきます。ここではmysiteとしておきます。
ファイルを解凍、ファイル名を変更します

WordPressをインストールしたことで[http://localhost:8888/mysite/wp-admin/install.php]というURLからアクセスすることができるようになります。mysiteの部分はそれぞれのWordPressのフォルダ名になります。
すると[wp-config.php ファイルが見つかりません。]と表示されます。[設定ファイルを作成する]をクリックします。
WordPressにアクセスします

[さあ、始めましょう!]をクリックします。
さあ、始めましょうをクリックします

ここで変更するのは[データベース名][ユーザー名][パスワード]の3つです。
データベース名などを入力します

データベース名は先ほど作成したもの[local-wp]を、ユーザー名とパスワードは[root]を入力します。
3つの項目を入力します

[インストール実行]をクリックします。
インストールします

必要事項を入力したら[WordPressをインストール]をクリックします。
必要事項を入力します


これでローカル環境を作成することができました!
URLをブックマークしたりテーマのファイルにアクセスしやすいようにしておきましょう。

大掛かりな変更でなければログインユーザにしか表示させないテンプレートタグも便利です。
ログインしているかを判断して読み込みをコントロールできるWordPressテンプレートタグ | web sign*