HTMLに変換できる簡易的なマークアップ言語「Markdown」で学習メモをとる

文章の作成や勉強会などでのメモをとっている時、文章(プレーンテキスト)だけだとメリハリがなく、あとで読み返した時に要点がつかみにくいことがあります。
かといってHTMLで記述するのは面倒です。そこで僕がよく使っているのが「Markdown」というマークアップ言語です。

sponsored link

Markdownの記述方法

最終的には(X)HTMLに変換することになるんですが、HTMLと違って、開始タグや終了タグを使用せず、#(ハッシュ)や*(アスタリスク)や改行などがHTML要素の代わりをしてくれるのが特徴です。

最近では「GitHub」や「Tumblr」で採用されていて「WordPress」でもプラグインを使えば利用することもできます。

今回は使用頻度の高い「見出し」「段落・改行」「リスト」「リンク」の4つの記述方法を紹介します。

h要素のレベルは#の数

h1h2などの見出しは#(ハッシュ)の数で示します。また記号のあとには半角スペースかタブを入れるのが基本的なルールになっています。

p要素とbr要素は空白行と半角スペース

文章を入力する上でいちばん使うのはHTMLのp要素だと思います。Markdownでは文章の行を空白行(入力していない行)で囲むことで示します。

空白行で囲んでいなければ、途中で改行しても同じp要素の文章として扱われます。ただし、HTML要素内での改行と同じように半角スペースは挿入されます。

改行をしたい場合は半角スペースを2つ入力してからreturnします(見た目では分かりませんが…)。

文章を入力した流れで全角スペースを入力してしまいがちなので気を付けましょう。

順序なしリストは*、順序ありリストは1.

HTMLではul(順序なし)とol(順序あり)の2つのリストがあります。
順序なしリストは*(アスタリスク)と-(ハイフン)と+(プラス)のいずれかで示します。入れ子にしたい時はスペースかタブを入れて記号を変更します。

順序ありリストは1.で示します。下の例でも分かるように、1.2.と数字は上がっていなくてもHTMLでは記述した順番で変換されます。順番を入れ替えることを考えて1.だけで記述するのがおすすめです。

リンクは角括弧と丸括弧

リンクのタイトルは[](角括弧)でURLは()(丸括弧)で囲みます。

タイトルを先に書かないとうまく変換されないので注意します。


僕は新しいことを学習している時に考えをまとめながらMarkdownでメモを残しています。アプリなどを使えばHTMLファイルにエクスポートすることもできるので、Dropboxなどにアップロードしておくと、どこでも復習することができるのでおすすめです。

Mac限定ですが、「MacDown」というアプリを使えば、リアルタイムにHTMLのプレビューができたりCSSも変更することができます。主要な言語のSyntax Highlightが使えるのもうれしいところ。しかも無料です。

MacDown: The open source Markdown editor for OS X.