ログインしているかを判断して読み込みをコントロールできるWordPressテンプレートタグ

大きな変更にはローカル環境が便利ですが、ちょっとした変更だけならWordPressのテンプレートタグis_user_logged_inを使うと便利です。
ログインしているかどうかで表示させるものを切り換えることができるので色々な使い道のあるタグです。

sponsored link

テストをログインしているユーザーにだけ読み込ませる

ソーシャルボタンや関連記事など追加してみたらどうなるかちょっと試してみたい。そんな時にはこのように記述します。

2行目にテストしたいものを記述します。シンプルですよね。試しにpタグに何か入力したりしてテストしてみてください。ログインしていない場合は表示されていないはずです。

ログインユーザーにはGoogle AnalyticsやGoogle AdSenseを読み込ませない

プレビューで記事の仕上がりを確認する時にGoogleアナリティクスやアドセンスを毎回読み込んでしまうのって気になったことないですか?
アナリティクスではpvが上がってしまいますし、アドセンスではクリック率(CTR)が下がってしまったり誤ってクリックしてしまうなんてこともありえます。(自分でクリックすることは禁止されています)
そんな時にはこのタグで囲みます。

アナリティクスのコードを2行目に記述します。ログインユーザーには読み込ませないので、正確なデータをアナリティクスで得ることができるようになります。

Googleアドセンスもプレビュー時に読み込まないようにしてみましょう。

アナリティクスと同じタグでもいいですが、本番と同じようにデザインを確認したいならログインユーザーにはダミー画像を表示させるようにしておきましょう。


ちょっとしたテストをしたり、ログインを判断して特定のコードを読み込ませないようにしたり汎用性の高いテンプレートタグです。CSSを少し変えてみたりするのはChromeの「要素の検証」を使っています。
ちなみにサイドバーはデフォルトではPHPが使えませんので気をつけてくださいね。