引用タグが簡単に取得できるブックマークレットを作成できるウェブサービス「Make Link ジェネレータ」

ブログの中で他のサイトの文章を引用することってありますよね。HTMLではblockquoteタグを使いますが、引用する文章やサイトのリンクなどコピーしないといけないものがたくさんあります。
「Make Link ジェネレータ」というサービスを使うと文章を選択するだけで必要なHTMLタグを取得するブックマークレットを作成できるのでかなり便利です。

sponsored link

ブックマークレットを使ってHTMLタグを取得する

Make Link ジェネレータを使って作成したブックマークレットを実際に使ってみます。

Make Linkの使い方

登録方法は後述しますが、使い方は引用する文章を選択してブックマークレットを起動、HTMLが生成されるのでcommand+Cでコピーします。(テキストボックスはコピーすると自動で消えます)

ブックマークレットの起動からHTMLの生成までが一瞬です。テンポよくブログを書くことが出来ますね。

Make Link ジェネレータの登録方法

Make Link ジェネレータは下記のリンクからアクセスしてください。

Make Linkの登録方法

登録方法は[タイトル]と[フォーマット]を入力、[Make Link生成]をクリックするとブックマークレットが生成されるのでブックマークバーにドラッグ&ドロップするだけです。

[タイトル]はブックマークレットの名前になります。[フォーマット]には4つの変数を使用することができます。

変数説明
%url%ページのURL
%title%ページのタイトル
%text%選択しているテキスト
%encodeURI%ページの URL エンコード

僕はこのように登録しています。

citeタグ(viaの前)は作品名を表すタグなのでこの場合適切でないかもしれません。不要な場合はaタグだけにしてください。


以前同じようにリンクを取得するサービスを紹介しましたが、「Make Link ジェネレータ」はそれとはまた違ったよさがあります。
どちらがということはありませんが、うまく使い分けるといいかもしれませんね。