ブログに載せる写真の位置情報って気にしてますか?自宅を特定されないための対処法

iPhoneで撮った写真をブログに載せることはよくあると思いますが、自宅で撮った写真もそのままブログに載せていませんか?
写真にはEXIFの中に位置情報が含まれている場合があるので簡単にその写真を撮った場所を調べることができます

sponsored link

EXIF(イグジフ)とは

撮影時のGPS情報(緯度・経度)や撮影日時など、個人情報を特定できるおそれがある情報が含まれている。撮影された写真が観光地や市街地などであれば、あまり問題にならないものの、自宅で撮影した場合はGPS情報の緯度・経度がそのまま自宅の位置となる。via Exchangeable image file format – Wikipedia

EXIFというのは写真を撮った時に位置情報や日時、撮影条件やサイズなどをその写真のファイルに残しておく機能です。

デジカメなら位置情報は取得できないものも多いので大丈夫だと思いますが、iPhoneなどのスマホの場合はカメラアプリに位置情報の取得を許可していることも多いと思います。(アプリをインストールした直後に必ず聞かれます。覚えていないなら許可しているかもしれません)

今回は位置情報を残さないようにするための3つの方法を紹介します。

ちなみにJPEGやTIFFといったファイルの形式が対象になっているので、PNG形式になるスクリーンショットには位置情報は含まれません。

WordPressならプラグインを使う

僕はWordPressでブログを書いているので、「アメーバ」や「はてなブックマーク」などの無料ブログサービスについてはよく分からないんですが、WordPressであればプラグインをインストールするだけでOKです。

使い方や設定に関しては以下の記事を参考にしてください。

設定をしておけばアップロードする写真のEXIFは削除されるようです。ただし、すでにアップロードしている写真は対象にならないのでアップロードし直す必要があるようです。

カメラアプリに位置情報を許可しない

iPhoneのカメラアプリに位置情報を許可している場合は次の手順に従って許可を取り消します。

設定アプリを開き[プライバシー]をタップ、[位置情報サービス]を選択します。
プライバシーから位置情報サービスを選択する

位置情報の許可を設定できる緑になっているものが位置情報の取得を許可しているアプリになります。
タップして許可を取り消しましょう。(白くなります)
アプリによって位置情報のありなしを使い分けるのもいいですね。

OneCamではアプリ内で変更できるアプリによってはアプリ内の設定から変更できるものもあります。(画像はシャッター音を消せるアプリの「OneCam」です)

写真の位置情報をアプリで削除する

すでに写真を撮っている場合はアプリを使って位置情報(GPS・緯度経度)を削除しましょう。使うのは「Loooks」という無料アプリです。

Loooks
無料(2014.7.19 時点)

アプリを開いて画面右上のマークをタップ、[GPSをまとめて削除]を選択します。
GPSをまとめて削除する

写真を選択するカメラロールやアルバムから写真を選択、[完了]をタップすると一括で位置情報を削除してくれます。

緯度経度が削除できた「Loooks」で緯度経度を確認します。N/Aとなっていれば該当なし(not applicable)、つまり削除できているということです。
[アルバムに保存する]をオン(緑)にしておくと位置情報を削除した写真はLoooksというアルバムが自動的に作成されて保存されるのでカメラロールに埋もれることが無くなります。

Twitterやブログなど自分が使っているアプリやサービスで画像を保存して位置情報が含まれているのか確認してみましょう。(iPhoneだと画像を長押し、パソコンだと右クリックで保存できると思います)


今回はWordPressを例にとりましたが、ご自身が使っているブログサービスで位置情報は削除されるのかどうかは調べておきましょう。
楽しくブログを続けるために危機管理もしっかりと考えておきたいですね。