Macのテキスト入力をもっと便利にするcontrolキーを使ったショートカットまとめ

タッチタイピング(ブラインドタッチ)でテキスト入力する場合、deleteや矢印キーは遠くて押しにくいですよね。Macにはそんな時に使うと便利なcontrolキーを使ったショートカットがいくつかあります。

sponsored link

文字の削除に関するショートカット

タッチタイピングをする場合、deleteは位置的に遠くなってしまうのでcontrolを使った削除が便利です。

ショートカットアクション
control + Hカーソルの左側の文字を削除(delete)
control + Dカーソルの右側の文字を削除
control + Kカーソルの右側の文字から行/段落の末尾までを削除(kill)
control + Ykillした文字を貼り付け(yank)
option + daleteカーソルの左側の 1 単語とその後ろのスペースや句読点を削除

通常のdeleteはcontrol + Hなので覚えにくいですが、Jの隣なので位置的には押しやすいです。killは行末までまとめて削除できるので状況に応じて使い分けます。

カーソル移動に関するショートカット

deleteと同様に矢印キーも位置が遠いのでcontrolを使います。バックするのはcontrol + Bなどと少し覚えやすくなっています。

ショートカット覚え方アクション
control + PPrevious1行上にカーソルを移動
control + NNext1行下にカーソルを移動
control + BBack1行左にカーソルを移動
control + FForward1行右にカーソルを移動
control + Aアルファベットの先頭現在の行/段落の先頭に移動
control + EEnd現在の行/段落の末尾に移動

ことえりのショートカット

僕は「ことえり」を使っています。併せて使うと便利なショートカットがあるので3つだけ紹介します。

ショートカットアクション
かな を2回押す再変換(JISキーボードのみ)
space変換候補を下に移動
shift + space変換候補を上に移動

文字を入力後、spaceを押すと変換候補を選択できます。ここで変換候補を選択するにはspaceもしくはshiftを加えると上下に移動できます。
また、JISキーボード限定にはなりますが、「かな」を2回押すと確定した文章を再変換できます。

再変換から変換候補を選択

再変換から変換候補を上下に移動した場合

今回は厳選して紹介しましたが、これ以外にもショートカットはあります。僕が参考にしたサイトのリンクを載せておきますので参考にしてみてください。