勝手にツイートされてしまう診断メーカーの使用許可を取り消す方法

「twimaker」などのアカウントを認証してしまって、知らない間に自動でツイートされてしまったという方を度々見かけます。(僕も以前、自動ツイートされたことがあります)
勝手につぶやかれるのはやはり気持ちがいいものではありません。勝手にツイートさせないように設定する方法を紹介します。

sponsored link

アプリ連携の許可を取り消す

まずTwitterにアクセスしてログインします。

パソコンの場合はこのようにタイムラインやトレンドなどが表示されると思います。画面右上にある歯車マークをクリックして設定を選択します。

iPhoneの場合はPC(パソコン)用のサイトで開く必要があるので、ChromeアプリでTwitterにログインしてください。(SafariではPC向けのサイトで開くことができません)

Chrome - Google のウェブブラウザ
開発者: Google, Inc.
無料(2014.7.25 時点)

画面上にあるメニューボタンをタップすると[PC版サイトをリクエスト]とあるのでタップします。同じように歯車マークがあるので選択します。

画面左側にアプリ連携という項目があるのでクリックします。画面右側に[許可を取り消す]というボタンが表示されます。これをクリックすると認証を取り消すことができ、自動でツイートされるのを防ぐことができます。


上の画像のように、アカウント認証が必要なものはTwitterでもFacebookでも用心するにこしたことはないです。自分のツイートを見たフォロワーがまた認証して、どんどん拡大してしまうということも考えられます。
気がついたらツイートを削除してから認証を取り消しましょう。